即日深夜でも土日祝でもお金を借りる方法はあります。

お金借りる

最近では即日深夜でも土日祝でもお金を借りることができるようになっています。
しかし、即日深夜や土日祝では銀行は営業時間外なので
通常のカードローンの申し込みとは違う注意が必要です。

具体的には申し込みは深夜でも思い付いた時に申し込み可能なWEB申し込みが早くて確実です。
WEB申込みで審査に合格した後のお金の受け取り方ですが、銀行営業時間外なので振込融資は行えません。

具体的に以下の2種類の方法があります。
自動契約機でカードを受け取りお金を借りる!
●お金を借りる金融機関が提携している銀行普通口座に振込キャッシングしてもらう。
 (自分も同じ提携している銀行普通口座を事前に持っている必要があります。)

お金を借りたい時は、カードローンのサービスを上手に利用すると便利になります。
カードローンには、いろいろなサービスと種類がありますので、
自分に最適なカードローンを選択すると借りるのも返済も楽になります。

即日深夜・土日祝にお金借りたい時のおすすめキャッシングサービス

 

プロミスの特徴

プロミスだったら困った時に借りられる!
平日14時過ぎてもネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
土日祝でもネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
瞬フリ(24時間365日クイック振込)も利用可能!
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行カードが事前に必要です。
プロミスレディースも女性の方に人気があります!
>>プロミスレディースの詳細はコチラから!

 
 

モビットの特徴

モビットの便利な申し込み方法は2種類!
●10秒簡易審査
即日審査で即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。
●WEB完結申込
職場電話連絡無し!自宅郵便物無し!秘密重視のサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要

 
 

アコムの特徴

最短30分で審査回答!
●アコムの審査
アコムの即日審査の借入審査の回答は最短30分です。
●アコムの融資
アコムの融資は最短一時間で借入できます。
30日間金利0円サービスも実施中
30日間金利0円なので返済計画も立てやすく好評です。

 

お金借りたい時の消費者金融と銀行カードローンの賢い選び方

お金を借りたいと思った時にどこから借りるか!皆さんはどうやって決めていますか?
お金を借りることを考えている方なら、借り入れ先には消費者金融や銀行カードローンがあるのはご存知でしょう。

 

それでは、どのような選び方をしたら良いのでしょうか?

まず、お金を借りたい必要性タイミングが重要になります。

 

できるだけ早くなるべくなら即日にお金を借りたいと思うなら、消費者金融が良いです。
消費者金融なら、条件さえ揃えば即日の借り入れが可能な場合が多いです。

 

現在では必要な書類等もインターネットや専用のアプリケーションを用いて提出できるので、
早ければ30分程度で借り入れ準備が整う場合があります。

 

そこまで急いでいない場合でも、消費者金融ならキャッシング用の専用カードの発行も早く、
専用カードを用いればコンビニのATMなどから簡単にキャッシングが行えます。

お金借りる消費者金融ランキングが参考になります!

 

お金借りるのに金利(利息)が気になる方

お金を借りる時には、金利(利息)の要素も重要です。

 

一般的に言うと、消費者金融よりも、銀行カードローンの方が金利が低い場合が多いです。
また、お金を借りる事に慣れていない、また抵抗がある方でも銀行カードローンなら安心ですよね。

 

さらに、お金を借りるには契約時に本人確認の電話が職場や家に掛かって来ますが、
銀行カードローンなら銀行から電話が掛かって来ても、同僚や家族に不審に思われる可能性が少ないです。

 

この様に、お金を借りたいと思った時は何を優先するか!を考えて借入先を決める必要があります。

即日お金借りたい時の消費者金融と銀行カードローンの利用方法

お金借りたい

即日でお金借りるときの利用方法として、即日審査・即日融資のサービスに対応していることを確認して申し込みを行います。

 

消費者金融は、即日審査・即日融資のサービスに対応していることが多いですが、
銀行カードローンは審査に時間がかかることがあります。

 

お金を借りたい時に必要なもの

即日にお金を借りたいときは、審査では必ず身分証明書が必要になるため事前に用意しておきましょう。

 

また、高額のお金を借りたい場合は収入証明書の提出も求められることがあるため用意します。

 

お金を受け取る時の方法

審査に通ってお金借りる場合、銀行口座に振り込んでもらうか、カードを使ってATMで引き出すという2通りの利用方法があります。

 

口座振り込みの場合は、自分が現在持っているキャッシュレス口座が利用できるか事前に確認しておきます。

 

キャッシュカードを使う場合は、店舗か自動契約機にお金を引き出しに行く必要があります。

 

そのため、直接店舗や自動契約機に行ってから申し込みを行うと審査で待たされるため、
先にインターネットで申し込んでおくと、待ち時間が少なくスムーズにお金を借りられす。

 

お金を借りたいときには審査は必ずある

消費者金融や銀行カードローンのいずれの場合でも、審査で在籍確認が行われます。
平日であれば勤務先に人がいるため即日に確認を行えますが、休日の場合にこれを行えなくなります。

 

土日祝の場合は、必要な金額が10万円以内であれば在籍確認を後回しにして
限度額を10万円に仮決めして、利用できることがあります。

 

また、消費者金融であれば事情を説明して書類による代用が認められれば、
休日でも即日で10万円以上借り入れできるので、窓口の方と相談してみましょう。

 

消費者金融の自動契約機(無人契約機)まで行くことができれば、
自動契約機なら土日祝でも稼働しており、審査も可能なのでお金を借りることができます。

 

土日祝に急にお金を借りたいときは、自動契約機を利用するのがおすすめです。

銀行系カードローンでお金を借りたい時

お金借りたい

銀行系カードローンでお金を即日借りたい場合は、その銀行口座に給料の振込みなどをしており、その銀行に口座を持っていることが証明できれば、即日お金借りることができるという特徴があります。

 

銀行系カードローンのキャッシュレス口座を持っている場合は、普通のカードローンとは異なり
在籍確認の電話がかかってくることもなく、キャッシュレス口座があるだけで即日お金借りることができる特徴があります。
注意点としては、銀行が営業している時間内しか利用できないことがあります。
逆言えば、営業時間内であれば即日にお金を借りることができるということです。

 

そのため、あらかじめ平日などの営業時間内に申し込みをすることにより、
銀行カードローンで、もその場ですぐにお金を借りることができることになります。

 

平日夜、土日祝などで銀行が営業していない場合には、即日に借りられない場合もあるので、
あらかじめ前もって調べておくことが大切になります。

 

また、銀行系カードローンの場合、他のキャッシングサービスなどと比較しても高額の融資を受けることができます。
消費者金融の場合は、総量規制の法律がありますので年収の3分の1以上の借り入れをすることができないですが、
銀行系の場合は、総量規制は対象がになりますので年収の1/3を超えても借りることはできます。

 

銀行カードローンを利用したい時は、窓口で申し込みの際に不明点を確認をして、
借りれる額をはっきりさせておくことが一番大事になってきます。

総量規制とは!お金借りたい時の賃金業法が改正されています。

お金借りたい

賃金業法改正によって話題になったものとして、グレーゾーン金利の廃止があります。
それと同時に賃金業法改正によって話、総量規制というものが設けられました。

 

総量規制を簡単に説明すると、幾つかの例外対象外など以外のお金を借りられる限度額が、
主に現在の年収によって決められるというものです。
総量規制によって借り入れの際には必ず収入の証明を求められるように成りました。

 

総量規制にはいくつかの例外規定というものがあり、例えば各社が借り換えローンなどという名称で提供しているサービスは、
利用者の負担が削減方向になるということで、総量規制から除外されています。

 

総量規制は賃金業法の改正で制定された法律です。
総量規制から除外されているのと違うのですが、銀行が提供しているカードローンというのは
貸金業法ではなく銀行法によって規制されるので、総量規制の対象外となります。

 

そのため賃金業法改正以後、総量規制やグレーゾーン金利廃止の影響を受けた消費者金融各社を銀行が買収し、
それまで消費者金融が一手に引き受けていた個人向けフリーローンの分野に参入する要因と成りました。

[即日深夜でも土日祝でもお金借りる]関連記事